l[@p 知らなかった!設置後の悲しみ
TOP >  知らなかった!設置後の悲しみ

知らなかった!設置後の悲しみ

アイコン 設置前の悲しみ・・・


サンプル画像

現在、太陽光発電の販売形態は多種多様で、どうやって買うべきか悩む方も少なくないと思います。

そんな中、たまたま訪問してきた営業マンに 「太陽光発電のモニターになったら、無料もしくは格安で、太陽光発電の設置ができる」 と言われて、上場している会社だったりしたら契約しないまでも気になると思います。

そして「あなたのご自宅は適用になりません」と商品の購入を勧めてきます。 しかも相場より高いです。

現在このようなモニター商法と呼ばれる詐欺が横行しています。 モニターになると商品が安くなる。またはモニター料といった名目で商品のレポート提出、 アンケートに協力、感想文の提出などをすると収入を得られるといった勧誘を行なう商法です。 今現在、このような勧誘を受けている方は疑ってみてください。 契約した後でもクーリングオフできる場合もありますので、ご検討ください。

こういった太陽光発電の販売をする業者は後を絶ちません。 おそらくその理由は太陽光発電の「高額な価格」と「難しい仕組み」にあると思います。 ひとつ売れば何百万もの売り上げが出る上に消費者はあまり仕組みが良くわかっていない となれば一攫千金を狙って、有ること無いこと言って騙そうとする輩が出てきても不思議ではありません。

このような詐欺とすぐにわかるような事例なら対処もできるのですが、難しいのは、しっかりと店舗を持ち、 一見まじめに営業していそうな業者までもが、甘い誘惑に勝てずに「利益が出ますよお客さん」と 「うまい話」をしてしまうことにあります。

詐欺とは言わないまでも、甘い試算を出して設置を促してくるケースは非常に多いです。 したがって、今回はそういった詐欺まがいの事例等に対処できますよう、 太陽光発電設置のリスクをご紹介したいと思います。




悪質業者 知らなかった・・・・@悪質業者の設置作業


アフターメンテナンス

太陽光発電の設置作業は原則、メーカー指定の工事業者IDを取得しなければできません。
(メーカーIDを取得した設置作業員が設置したものでなければ、メーカーの保証が受けられません)

メーカーIDを取得するためには施工研修を受ける必要があります。 この研修では太陽光発電システムの設置に必要な工事について教えてくれます。 研修を終えれば、基本的な工事はできるようになりますが、 研修は3日〜1週間とごく短期間ですし、研修用に用意された擬似屋根などで設置実習を行うだけです。住宅の形状や立地条件、 工法、屋根に使われている資材などには様々なものがあり、 それらすべてを学べるわけではありません。

メーカーIDがあるから安心して設置を任せたのにトラブルになったというケースも少なくありません。 このようなケースで特に多いのが、設置基準を無視した無理な設置工事です。 製造メーカーは、安全にシステムを設置し、正しく稼働させるために、それぞれに設置基準を設けています。 基準には以下のようなものがあります。
築年数築年数は指定しないメーカーもあります
設置高さ屋根の高さが一定の高さ以下であること
塩害海岸からの距離の制限
基準風速地域ごとの基準風速の制限
積雪地域ごとの最大積雪量の制限

モジュール設置可能範囲
屋根の端から任意の距離はモジュールを設置できないという制限

製造メーカーは、工事マニュアルでこれらの具体的な設置基準を定めており、 設置基準以外の工事を認めていません。しかし、残念なことですが、この設置基準を無視して工事を強行し、 「パネルが風で飛ばされる」「雨漏りが発生」などトラブルになるケースがあります。

不幸にも雨漏りが発生になるようなことになったら、設置業者に連絡して適切な補修をしてもらいましょう。 業者がきちんと対応してくれないなどのトラブルになった場合には、 下記の住宅リフォーム紛争処理支援センターが無料で相談に乗ってくれます。

財団法人 住宅リフォーム紛争処理センター
http://www.chord.or.jp/
TEL:03-3556-5147

第3者に仲介を頼むような事態はなるべく避けたいので、 工事の契約を結ぶ前に、「設置工事のミスが原因でトラブルが発生した場合は、誰の責任で修理するか」 という点をあらかじめ確認しておきます。この際には口頭での確認だけでなく 、文書に記録しておきましょう。




アイコン 知らなかった・・・・A発電シュミレーションの誤り


設置する住居の発電環境を考慮して発電予測することを 「発電シュミレーション」と言います。

冒頭でも述べましたが、設置前に「利益が出ますよ」と甘い言葉をかけて来た業者が出した 「発電シュミレーション」を見て設置を依頼し、 設置後に「発電シュミレーション」通りに利益が出ないという話をよく聞きます。

太陽光発電は信用できる業者さえ選び抜ければ必ず利益が出せます。 ですから設置をされる際は必ず信用できる業者に依頼してください。



アイコン 知らなかった・・・・Bアフターメンテナンスのトータル費用


重要な点で意外と知られていないのが「アフターメンテナンスの費用」 20年間(10年保障)太陽光発電システムが機能していた場合の例を挙げます。
パワーコンディショナー交換1回30万円(平均寿命10年)
モニター交換1回約3万円
直流側/交流側 開閉器交換1回5千円
売電用電力メーター交換1回約2万円
チャージコントローラー交換1回約2万円
点検費用1回約2万円を20年間に5回で10万円
パネル撤去費用約20万円
屋根の保守(コーキング等)約10万円
合計約78万円

かなりのお値段です。しかし太陽光発電の利益とはこれらアフターメンテナンス費用もすべて含めた総計です。 ですからもし見積もりされた時にアフターメンテナンスの費用を入れないで将来の利益合計を出してきている 業者があれば選択肢からはずしてしまってよろしいかと思います。

これはあくまで一般的な概算です。各業者の保障内容によって大幅に費用が変化する場合があります。 例えば10年間すべてのアフターメンテナンス代無料のところもあります(パワコン等交換費用含む) 点検費用のみ10年間無料のところもあります。保障に関しては各業者千差万別です。 業者を選ぶ際は必ず保障内容を確認した上で、アフターメンテナンス代を含めた総計で利益が出るかどうかを確認してください。



こちらに信頼できる業者の選び方載ってます。ご参考にどうぞ。

このページのトップへ

スポンサードリンク

only style

折りたたみ式ソーラーパネルフレキシブル

丸めて持ち運び可能!
車に載せてレジャーに!
車中泊に!
用途は無限大!!
単品50w39800円!

スポンサードリンク

ファクト

株式会社ファクト

蓄電式太陽光発電システム

工事不要!
設置スペースさえあればどこでも置ける!
充電付きで夜でもOK
キャンプ、釣り、野外イベントでも大活躍!
ファクト

業界一覧

解説

新着情報

このページのトップへ