TOP > 知らなかった!設置後の楽しみ

先月〜今月、企業、自治体、太陽光発電導入状況

TOPIX
新築時、太陽光発電システム90%以上が購入検討。セキスイハイム
TOPIX
太陽光発電導入住宅、オール電化を上回る 2025年には1,000万戸突破へ
2017/6/25
北海道のメガソーラーにリチウムイオン蓄電池 コンテナ式で容量6750kWh
2017/6/25
九電工ら、福島県の被災地で52MWメガソーラー稼働
2017/5/31
栃木県南地区最大級「壬生ソーラーウェイ」が竣工
2017/5/31
双日、青森県六ヶ所村でメガソーラー71MW
2017/5/31
鹿児島で太陽光発電所起工式 九州最大級92MW
2017/5/31
酒田港のメガソーラー、1.2MWから28.5MWに増設



先月以前の設置状況はこちらから

知らなかった!設置後の楽しみ

アイコン 約10年で投資回収、以降は売電が楽しみに


サンプル画像

現在、太陽光発電は約10年で設置費用が回収できるといわれています。 導入費については、屋根形状や設置面積にもよりますが、おおよそ1kWあたり40万円前後です。戸建てに多い最高出力3kWであればその3倍ということになります。


今なら国の補助金が「1kW約2万円」+「自治体の補助金」+「売電価格37,8円10年保証」もありますし、お得に設置できるチャンスでもあります。


とはいえ決して安くはないお買い物。太陽光発電のどこが良いのか分からなくて設置に踏み切れない方も 多いのではないでしょうか。そこで今回は価格や売電など 直接的な利益以外の太陽光発電の魅力をご紹介していきたいと思います。




アイコン 知らなかった!@意外な太陽光発電の断熱効果


サンプル画像
サンプル画像

まず最初に、これはあまり知られていない点ですが、太陽光発電を屋根にのせると夏は「ー10度」 冬は「+5度」の屋根裏効果があり、その分、冷暖房費を削減できます。


夏に35度の猛暑だとしても25度くらいまで冷えるのでしたら、クーラーをつけているのとあまり変わりません。 これなら、新築で設置される方は屋根裏に小部屋を作ることを検討してみるのもおもしろいですね。


ただ、太陽光発電システムは設置後はメンテナンスフリーなのですがパネルの微小な破損や劣化等、所有者側で気づきにくい不安要素を懸念する方も多いと思います。


各社パネルメーカーでは そうした不安を解消するするため、インターネット通信機能を搭載した 「WEBモニタリングサービス」を用意しています。




アイコン 知らなかった!A中毒になる?サポートシステム機能


サンプル画像
サンプル画像

近年は、パソコン画面等、様々な情報端末で発電量や光熱費の削減などをチェックできるようになってきたのも 特徴的で、こうした「見える化」もポイントの一つです。


■勤務先や外出先からケータイでその日の発電量を確認できる
■カラー電力モニタでは電気料金の値を表示
■テレビでご自宅の消費量ランキングを見ながら家族会議ができる
■パソコン画面でリアルタイムに我が家の発電量がチェックできる

(メーカーによりモニターの種類は変わってきますのでメーカーを選ぶ際はご注意ください)



まさにマルチに我が家の太陽光発電が体感できるシステムになっています。 毎日の売電が楽しみで、休日もご主人が朝から起きてモニターを確認したり、専用通帳を作る人も増えているようです。↓


にほんブログ村太陽光
太陽光発電人気ブログランキング


さらに設置後は、お客様専用ページが開設され、各社パネルメーカーでは常に太陽光発電をチェックしてくれます。 汚れや破損などによって発電効率が低下している…といったこともメーカーのほうでいち 早く察知し、適切なメンテナンス時期を連絡してくれるのは安心です。




アイコン 知らなかった!B子どもの成長にも効果


サンプル画像

この他にも、環境関連機器の導入によって、 子どもの教育にも役立つという指摘もあります。発電量に注目することで数字に強くなり、お子さんの理科の勉強にもなりそうです。


何よりエコ意識を育むのに効果が高まり、 家族の円滑なコミュニケーションのキッカケにもなるそうです。


もうすでに多くの方々がエコライフを楽しみながら、さらには利益まで出せる生活を楽しまれています。ぜひこの機会に設置をご検討してみてはいかがでしょうか。





こちらで信頼できる設置業者の選び方の解説してます。太陽光発電の基礎知識がない方でもご理解頂けますように解説していますので、ご参考にどうぞ。

このページのトップへ