TOP > QA

よくあるご質問

太陽光発電とは?

太陽の光を電気に変えて利用するシステムです。具体的には、太陽電池モジュールと呼ばれるパネルで、太陽光を電気に変換し、パワーコンデショナで、ご家庭で使える電気に変換するシステムです。それ以外にも、分電盤は、一般家庭同様、電力を分配します。太陽光発電の場合、電力メーターも2種類あり、売却する電力を計算するメーターと、電力を買い取る時に計算をするメーターがあります。



太陽光発電にはどんなメリットがありますか?

●平成21年11月1日より始まった太陽光発電の新たな買取制度のおかげもあり、売電価格も2倍近くになり、さらに減価償却しやすくなりました。
●太陽光発電は光エネルギーを直接電気エネルギーに変換するので、クリーンな発電方式です。発電時には排出物の発生がなく、可動部分も無いため騒音の発生もありません。
●発電のためのエネルギー源は太陽の光なので枯渇することがなく、しかも無料です。
●可動部がないため、メンテナンスが容易で長寿命です。




太陽光発電の短所は?

発電は日射のある昼間に限られ、季節、時刻、天候に左右されます。また夜間の発電ができません。



曇り、雨、雪の場合発電量は低くなりますか?

太陽光発電は光の強度に比例して発電量も変わります。 よって、曇り、雨、雪の時は、晴れの日より比較的発電量は低くなります。



設置しているお宅は多いの?

個人宅での普及が毎年増えています。新築で標準装備になり始めていることも影響しています。それだけいいものだということです。全国では、毎月3,000件のペースです。太陽光発電の新たな買取制度も追い風になっております。



太陽光発電システムは、一般的には何KWを設置しているのでしょうか?

住宅用では3~5Kw、公共・産業用では10~300Kwが一般的だと思います。年々設備容量が大きくなっていく傾向があります。



太陽光発電システムを設置したときに、一番発電量が多くなる方角・角度を教えてください

日本で、太陽光発電システムの年間発電量が最も多くなるのは、南向き/傾斜角30度の場合です。 ただし、一般的な住宅屋根の角度(約22度)で設置しても、発電量がそれほど落ち込むわけではありません。



屋根にかかる影はどのくらい太陽光発電の発電量に影響するのでしょうか?

薄い影(山、ビル、樹木、電柱等の影)が太陽光発電のパネルにかかった場合、 発電量は低下しますが、影がかかっている部分でも、 周囲からの散乱光によりある程度発電することは可能です。



気温の差は発電に影響するの?

太陽光発電のパネルは熱くなると発電効率が下がり、 寒くなると発電効率が上がるという特性があります。



工事費も含めて全部でどのくらいかかるの?

取り付け方法や、商品、屋根、家屋の状況により費用が異なりますが、150万、200万、300万が一般的な目安です。状況やプランによって変わりますので、詳しくは営業スタッフにおたずねすることがベストです。



パネルの重さは家にとって大丈夫ですか?

パネル全体の重さは約300kg前後で、子供7、8人と同じくらいです。 一箇所にその比重が全てかかるのではなく、屋根全体に分散されますので、 元々の家に問題がない限り重さは心配ありません。



季節によって発電量はどれくらい変化するのでしょうか?

季節の日射量と温度の変化によっては、発電量に倍近い差が生まれるケースもあります。



太陽光発電は、夏に遮熱効果があったりするのでしょうか?

遮熱効果は期待でき、夏場の冷房負荷軽減が図れます。



太陽光発電システムは、蓄電との組み合わせは可能でしょうか?

一般的には住宅での蓄電はできません。 しかし、一部で蓄電は防災用として使われています。



雪国での発電は難しいのでしょうか?

雪国では、パネルに積雪しない限り、むしろ熱い地域より発電量が高くなることがあります。 また、雪に差した太陽光の乱反射からも発電します。



太陽光発電システムにおいて、『発電量』と『発電効率』はどちらが大事でしょうか?

太陽光発電システムのパネル発電効率よりも、そのシステム全体の発電量が大事です。 つまり、本当に期待した電力が得られているかという点こそが、 太陽光発電システムの価値判断の上で最も重要な点となります。



パネルの掃除は必要?

設置されるパネルは勾配がついています。太陽の光を受けやすくするためと、雨水でゴミを流す役割があります。多少の汚れやチリ、落ち葉等は問題ありません。 このページのトップに戻る



オール電化の太陽光発電の場合、夜はどうなるの?

太陽が出ていない夜間は発電できませので、夜は従来通り電力会社から電気を買って使用するので、何も問題はありません。 このページのトップに戻る



訪問営業マンを信じて良いの!?

 A.現在悪質な訪問販売業者による苦情が多発しております。もちろん、 全ての訪問販売業者が悪いわけではりませんが訪問営業マンさんを信じていても念の為、 相見積を取り相場を知るほうが確実だと思います。



元は取れるのですか?

設置価格の元は確実に取れます。(7年〜13年) しかし、問題なのは「電気料金をどれだけ安く出来るのか?」ということ。設置環境によって発電量が変わってきますので一概には言えませんが、オール電化等の併設をすれば、今の電気代が安くなることはほぼ間違いありません。。



太陽光発電システムとオール電化を組み合わせるメリットは何ですか?

オール電化にするとガス代は無くなりますが電気代が増えます。この電気代部分を太陽光発電システムで削減し、更に時間帯別契約等の契約(東京電力)によっては更に家計にやさしいプランに変更可能です。



雷が心配なのですが・・・・

太陽光発電のパネルは、パネル自体で発電しており、コンセントにもつながっていないので、 落雷で電流が流れてくることはありません。 回路内に一定性能のサージアブソーバー(避雷素子)というものが組み込まれており、 万が一の時にも備えてありあます。また、直接落雷を受ける可能性は特別高いわけではありませんのでご安心ください。



停電時にも、電気は使えるのですか?

停電時には自動的に運転を停止しますが、手動で自立運転に切り替えることで電気が使えます。災害時の停電時でも太陽光があれば日射量に応じて最大1.5kW(100V)の出力を得ることが出来ます。



購入するとすぐ使えるのですか?

残念ながら直ぐには取りつけることができません。現在、太陽光発電システムは商品にもよりますが注文してから入荷するまで約1か月ほどかかります。メーカーも在庫を持たせないようにしておりますので少し時間がかかります。



地方自治体での住宅用太陽光発電に対する支援は全て併用できますか?

地方自治体での補助金・助成金・融資等を利用する場合には様々な条件があり、自治体によっては国の補助金と併用出来ない場合もあります。詳細はお調べになるか、面倒であればお問い合わせください。



.

一番良く発電する時期はいつ?

5月と8月頃が一番多く発電します。



停電した時は使えるの?

晴れていれば発電しますので、専用のコンセントから電源を取り使用することができます。 このページのトップに戻る



太陽光発電の汚れやメンテナンスは?

汚れた場合、平均的な発電率が3%程度低下するといわれています。勾配があり、雨水で日常的に掃除されていますが、メンテナンスの時などに、一緒に掃除してもらうと、常にきれいにご利用いただけます。太陽光発電のメンテナンスは15年に一度くらいが目安です。 このページのトップに戻る



電気のKw、Kwhとは?

電気には下記のような単位があります。(1Kw=1000W)

●電圧(ボルト=V)電気を押し出す力
●電流(アンペア=A)電気の流れる量
●電力(ワット=W)電気が仕事をする力
●電力量(ワットアワー=Wh)電気をつかった量
●これらの関係を表す数式は
・電圧(V)×電流(A)=電力(W)
・電力(W)×時間(h)=電力量(Wh)




kwとkwhはどう違うの?

1kwとは1秒間の電力を表しています。1kwの電力を1時間使った時の電力「量」が1kwhです。 例えば3kwの発電が5時間続けば15kwhの発電「量」となります。



保証期間は?

保障対象の条件はありますが、各機器の保証期間は1年間です。太陽電池モジュールの出力保証期間は10年です。詳しくは、各メーカーにお問い合わせいただきください。 このページのトップに戻る



屋根が変わった形状をしているのですが?

各太陽光システムのメーカーも、様々な屋根形状に対応できるよう、バリエーションも豊富にあります。ですので、担当の方に一度見てもらい、適切な商品を探してもらいましょう。 このページのトップに戻る



業者者により、シミュレーションや見積もりが違うのはなぜですか?

業者により、発電シミュレーションソフトやプランの内容が異なるため、見積もりに差がでてきます。 太陽光発電はオーダーメイドのシステム機器のため、ご自宅の環境に合った「メーカー」や「工法や部材」「アフターフォローの適用範囲」の内容が、業者によって異なってきます。 そのため、業者により「どのようなプランに仕上げるか」という設計スキルが異なるため、同じ屋根でもプラン内容や見積り額が異なってきます。 また、シミュレーションを作成するときには、お住まいの地域や屋根の条件に合わせて発電シミュレーションを算出するソフトを使いますが、そのソフトも業者によって異なり、メーカーが配布しているソフトを使っていたり、自社開発のソフトを使用したりと様々です。なので、発電シミュレーションも業者により差が出てくることになります。 販売・施工の実績がある会社では、独自のシミュレーションデータを反映させ、より正確な発電シミュレーションを開発している所も多くみられます。そのような会社は、設置後の発電状況とそれほど差がなくシミュレーションできるため、信頼度は高いといえます。



発電量と実際の出力はどう違いますか?

まず、太陽光発電の発電量は、太陽電池のモジュールの出力の大きさと枚数から算出されます。 ですが、実際の太陽光発電システムの出力は天候、設置状況によって大きく変化するため、 実際の発電出力は下記の計算で算出できます。



太陽光発電の業者には、どのような種類や特徴があるのですか?

業者によって、得意分野や特徴が異なります。 太陽光発電業者には、太陽光発電の販売・施工のみを行っている「専門会社」に加え、近年では「工務店」や「屋根工事業」「リフォーム業」などの関連業界が新規参入をしており、様々な業者の形態があります。中には、営業・紹介活動のみを行い、施工は専門会社に依頼する会社もあります。 太陽光発電の設置には、「設計力」や「工事力」「アフターフォロー」など必要とされる専門的なスキルが幅広くあり、各業者によって得意分野も様々です。 例えば、「専門会社」は「施工〜設置〜アフターフォロー」まで独自のノウハウをためている会社が多く、トータルでお任せできるサービスを提供していたり、「工務店」は工事を得意分野として「工事費」をコストダウンできたり、とそれぞれの会社に強みや特徴があります。 業者を選ぶ時には、「その会社の得意分野はなにか?」詳しく聞いたうえで、自分達が重視する部分にマッチしているかを検討しましょう。



補助金はどうなってるの?

ほとんどの施行業者で補助金込みの見積もりを出しています。もし補助金を考慮していない見積もりを出す業者があれば、 見積り依頼をした一括見積もり会社の方へお問い合わせください。



天候や季節によって発電量は違うの?

太陽光発電は太陽の力を利用するため、太陽がでていないときは発電の効果が薄れてしまいます。夜間などは発電できないことが弱点です。しかし、晴れた日中などは家庭では使いきれないほどの発電量なので、売電することによって電気代を補うことができます。また太陽光発電は冬場が弱点です。冬場は太陽が落ちてしまう時間が早いため、夏場よりも発電できる時間が少なくなってしまいます。また曇りや雨などの天候の変化も太陽の光をさえぎってしまうために弱点です。 どんなところに設置できるの? 太陽光発電は導入するシステムの規模に関係なく発電効率が一定です。設置する場所の広さによって規模を決めることができるのでどんな一般家庭から大型施設まで対応できます。騒音や排出量もなく、クリーンで環境に良い点にも注目できます。日射量さえ確保できれば、屋根でも壁でも設置することができます。ただ、あまり日の当らない場所は発電量が落ちてしまうので導入前に十分に検討したほうがいいでしょう。 メンテナンスはいるの? 太陽光発電システムは比較的シンプルであるため、他の発電システムに比べ、メンテナンスも簡単です。システムの寿命も長く、現在の太陽光発電に必要な太陽電池の寿命は20年以上とされています。



余った電気を売ることができるって本当?

昼間に電気を発電して、家庭で使って余った分を電力会社に売ることができます。 電気の売買は自動的に行われるので面倒なことはありません。 電気を売った代金はどのように受け取るの? 売った電気の代金は契約者の口座に振り込まれます。通常、買電と売電は相殺されずに別々に扱われます。雨の日や曇りの日には電気が使えないの? 太陽光発電システムで充分に発電できない時は、不足している電力を電力会社から買って使います。だから雨の日や曇りの日でも電気が使えなくなる心配はありません。家庭で使う電気を全部、太陽光発電でまかなえるの? 一般家庭の平均の消費電力量は5500kwhという統計があります。(注1)また、現在の太陽光発電の平均的な設置量を4kwとすると、70%強の電気をまかなえます。 ※注1 財団法人省エネルギーセンターデータ、総合エネルギー統計平成15年度版 ※太陽光発電システム1kwあたりの年間の発電量を1000kwhとした場合



業界一覧

解説

新着情報

このページのトップへ