TOP > 用語解説

用語解説

ソーラーパネル

太陽光発電で使用する太陽電池を複数枚つなげた板のことを総称してソーラーパネルと呼ぶ。 太陽光発電パネルともいう。

太陽電池モジュール

太陽電池モジュールとはセルを配置し屋外で利用できるよう強化ガラスを表面にかぶせたもの。メーカーでのソーラーパネルの単位になっている。

セル

シリコンを薄くスライスした板(ウェハ)に必要な電気層や電極などを作ったもの。太陽電池の基本単位。 シリコンの原子の配列によって多結晶、単結晶シリコンに分かれている。

単結晶シリコン

 発電効率は高いが価格も高い太陽電池の材料。以前は太陽電池の主流だったが、多結晶シリコンの発電効率が上がってきたため近年では減少傾向にある。 単結晶型は多結晶型に比べて発電効率は良いが、その分価格も高い。

多結晶シリコン

小さな結晶シリコンが集まった集合体のこと。発電効率は単結晶シリコンに劣るが、低価格で生産可能なため太陽電池の材料として現在最も普及している。

薄膜多結晶シリコン

多結晶シリコンをさらに薄く加工して発電効率を上げたもの。従来の多結晶シリコンは薄くすると光が通り抜けてしまうので、ある一定の厚さが必要だった。しかし形状を加工し、下に鏡を置くことで光を閉じ込めるような形状を実現。従来の10分の一の厚さにすることに成功した。

CIGS

非シリコン系のモジュール

パワーコンディショナ

電気を直流→交流へと変換させる装置のこと。太陽電池は電力を直流電力として発電するが、 家庭内で使用する電力は交流電力のため、直流電力→交流電力へ変換させなければならない。

接続箱(接続ユニット)

太陽電池モジュールからの配線を一つにまとめたBOXのこと。

昇圧ユニット

太陽電池モジュールの枚数が異なっても一定電圧まで自動的に昇圧する機器のこと。 (必要ない場合もあります)

発電モニター

太陽電池の現在の発電状況や家庭内の消費電力などをリアルタイムで見ることのできる画面表示装置のこと。 メーカーによって機能は異なる。

架台

ソーラーパネルを屋根に取り付けるためのラックのこと。

発電量

太陽電池が太陽光を吸収して電気に変換する電力量のこと。

系統連系

太陽光発電システムを電力会社の送電網に繋げるシステムで、 余剰電力を送電線に送り返して電気を売ることができるシステムのこと

業界一覧

解説

新着情報

このページのトップへ